自由設計新築注文住宅・エアー断震なら 茨城つくば・土浦から栃木小山・真岡まで、安心・快適な住まいづくりのミナカワエンタープライズへ!

ミナカワエンタープライズ
お問い合わせはこちら tel.0296-52-8515 受付時間9時~18時 Eメール:info@ukuie.co.jp メールでのお問合せ よくあるご質問

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

AIR断震とは

エアー断震システムは、『地震の時に浮いていれば地面の揺れを感じる事は無いだろう』という、子供みたいな発想から生まれました。地震の揺れを感知すると、瞬時に宙に浮き揺れを建物に伝えづらくする装置です。(震度7の揺れを1/30に軽減が可能) 地震発生から約0.5秒~1秒程で空気タンクに貯蔵してある空気を人工地盤と基礎の間に瞬時に送り込み、建物全体を浮上させます。 建物と実際に揺れている面は切り離されるため、建物と中に居る人や財産は地震の影響をほとんど受けません。 またこのシステムは一般的な免震システムに比べローコストで安全な地震対策を建物に設置することができます。エアー断震施工はミナカワエンタープライズへ!

システム動作時のイメージ:Air断震システムが作動すると建物が約1cm~3cmほど浮上し、地震の揺れを遮断します。
地震を断つAIR断震システムのしくみ

AIR断震実験ムービー

システム開発者インタビュー

トップへ

断震 VS 耐震 強度やコストは?

“空気で建物を浮かせて地震の揺れを断つ”エアー断震システムは、耐震や免震、制震を超えた画期的な住まいの地震対策として各界から注目されています。 耐震や免震との一番の違いは、地面から建物を離すというしくみ。地面と接していないので、建物が揺れできしんだり、ガラスが割れたりするリスクや、家具が倒れて怪我をするリスクを最小限に抑えることができるのです。

名称 イメージ しくみ 被害度合 コスト
耐震 揺れに耐える耐震住宅のイメージ

揺れに耐える

耐震基準では「震度6程度の地震1回では倒壊しないこと」と規定

建物の揺れは非常に大きい
家具が転倒する
建物が損傷する可能性が高い
余震に弱い
安価
制震

揺れを吸収

制震装置を1階に入れて2階床部分の揺れを低減

建物の揺れは大きい
家具が転倒しやすい
建物が損傷する可能性がある
余震に耐えられる
比較的
安価
免震

揺れを逃がす

転がりやすべり免震で揺れを逃がす

建物の揺れはほとんどない
家具は転倒しない
建物が損傷する可能性は低い
余震に強い
高価
AIR
断震

揺れから離す

建物を宙に浮かせて揺れを伝えない

建物は揺れない
家具は転倒しない
建物損傷の可能性は極めて低い
余震に強い
免震の
約2-3分の1
トップへ

地震の揺れを遮断する AIR断震システム 導入事例のご紹介

奥様のご感想

休日で、釣りに出かけて戻った直後に地震が来ました。急いで家に逃げ込み外を見るとグラグラ揺れていました。家と地面が行ったり来たりしているように見えました。凄い地震だと分かりましたが、私自身が揺れていなかったので実感になりませんでした。まさかこんな地震が生きている間に起こるとは思いもしませんでしたが、万が一の備えと思い導入しておいたエアー断震が役に立ってしまいました。

家にいた妻の話では、寝ている猫を見ながら二階のキッチンで家事をしている最中に地震が来たそうです。窓から外を見ると電柱がぐらぐらと揺れているのに家はほとんど揺れず、状況が理解できなくて、むしろ困惑するぐらいだったようです。

トップへ
AIR断震についてのよくある質問はこちらから

TOPへ

トップへ

お気軽にお問い合わせ下さい!

TEL 0296-52-8515 お電話受付時間 9時~18時
お問い合わせメールフォーム

お見積り・資料請求などはメールフォームよりお問い合わせ頂けます

よくあるご質問

家作りやリフォーム、AIR断震等に関するよくあるご質問はこちらです